表記

 


音韻 表記 近代語MEMO 所蔵資料 参考文献

[近代朝鮮語トップへ]

近代朝鮮語に関連することをまとめたメモです.
自分の書いた論文をもとにしている部分が多いため,
例文を引用した資料にかたよりがあります.
以下ハングルの古語が多くあらわれるため,ご覧になるにはNew Gulimフォントが必要です.

  近代朝鮮語の表記法の特徴

 

  語幹末子音の二重表記

同一子音の二重表記(重綴表記)とは体言や用言の語幹末子音がその曲用形や活用形で重複して表記される現象を言う.17世紀に非常に生産的に見られる現象である.田光鉉(1967:47,48)によれば17世紀の文献に見える例には以下のようなものがある.

  • 도적기 [東国新続三綱行実図(1617年) 孝子3:35/1:50]

  • [諺解痘瘡方集要(1608年) 2,諺解胎産集要(1608年) 12]

  • 븕근 [諺解痘瘡方集要(1608年) 上44,諺解胎産集要(1608年) 43]

  • 눈니라도 [東国新続三綱行実図(1617年) 孝子4:90]

  • 브즈런니 [観念要録(1637年) 4]

  • 결레 [家禮諺解(1632年) 1:12,警民編諺解(1658年) 7]

  • 리라 [東国新続三綱行実図(1617年) 孝子1:47]

  • 남마 [東国新続三綱行実図(1617年) 烈女2:20]

  • 무덤믜 [東国新続三綱行実図(1617年) 孝子6:27]

  • [家禮諺解(1632年) 5:21]

  • 집비 [東国新続三綱行実図(1617年) 孝子1:90]

  • 것슬 [家禮諺解(1632年) 6:7]

  • 옷시 [観念要録(1637年) 25]

18世紀資料である≪綸音諺解≫(18世紀末)と≪二倫行実圖≫(重刊本1730年)では,いまだ同一子音の二重表記例が見られ,18世紀にもそのような意識が残っていたことがわかる.(田光鉉1978:19).≪隣語大方≫(1790年)にも以下のような例が見られる.

  • H (5,11b)F(6,17a),술H(6,12a)

  語中の有気音表記

近代朝鮮語では語中の有気音が様々な方法を用いて表記された.郭忠求(1980:15-16)は有気音を終声に持つ体言や用言の語幹が,母音語尾と結合する時の表記法を次のように分類した.

  • 一類型: 音素的 表記

  • 二類型: 終声に内破音を表記し語尾部は 実際に発音されるままに表記

  • 三類型: 再音素化(rephonemicization)して表記

一類型から3類型までの実際の表記例は以下の通り.例は≪隣語大方≫より.

  • 一類型: 죠흔(2,5b),죠흘가(4,12a),|거니와(10,24a)

  • 二類型: 빋(1,2a),곧치(2,4a)

  • 三類型:놉흔(2,10b),깁히(3,3b/7,16b/10,22a),걷흐로만(3,6a),묻흐로(9,6a),(10,9b)

  語中(母音間)의 ‘-ll-’ 表記

元来母音間で「-ㄹㄹ-」と表記されていたものが,17世紀から「-ㄹㄴ-」と表記される現象が あらわれ始め,18世紀には多様な文献に多くの例が見られるようになる.特に18世紀中葉以後は「-ㄹㄴ-」表記 の方が「-ㄹㄹ-」表記よりも優勢である.

  音節末ㄷㅅの表記

音節末(終声)のの表記は中期朝鮮語では音韻論的対立を持っていたと考えられている.しかし,16世紀の初頭から音節末での音韻論的対立の喪失が始まる.そのため,16世紀から表記にも混乱が見られるようになる.전광현(1997:1920)で提示されている表を以下に引用する.

【終声がの場合】
  17世紀 18世紀 19世紀
子音語尾の前 ㅅ, ㄷ
母音語尾の前 ㄷ, ㅅ ㄷ, ㅅ

 

【終声がの場合】
  17世紀 18世紀 19世紀
子音語尾の前 ㅅ, ㄷ ㅅ, ㄷ
母音語尾の前

近代朝鮮語の時期は/という混記の時代がまずあり,18世紀にはに統一する傾向を各資料が見せている.ただし,≪隣語大方≫,≪捷解新語≫,≪倭語類解≫などの司譯院倭学資料においては,音節末のに統一するという他の資料とは異なる傾向を見せている.倭学書に見られるこのような表記については權仁瀚(1990)を参照.

  • : 흰 옫 벋디아니코 [東国新続三綱行実図(1617年) 孝子2:5]

  • : 머리 빋고 [東国新続三綱行実図(1617年)  烈女2:43b]

  • : 읻 걷도 [女四書(1736年) 3:70a]

  • 말을 듯디 말며 [女四書(1736年) 1:15b]

  • : 이치 밋을 거시 업스니 [明義録諺解(1777年) 卷首下존현각일긔:7a]

  • : 귀 거슬 밧고 [御制内訓諺解(1737年) 2:45a]

 


[このページのトップへ]   [トップページへ]   [近代朝鮮語のトたップへ] 

[最終更新日時:2011/09/18 21:37:59]